ピュシス徒然草
サークルBiasCrashersのピュシスが徒然なるままに書き繕う種々雑多な謎の手記。 サークル活動情報、他愛ない話題、音楽、読書記録等々。
プロフィール

ピュシス

  • Author:ピュシス
  • 謎の中途半端に万能型生命体。
    詳しくはピュシスの小部屋にて。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
50000HIT~
サイトの方は、50000HIT。
最初の一年は1200HITくらいだったのですが、黒猫公開してからの一年で、大体49000HIT。
まぁ、公開する前は、サイト自体“公開”していませんでしたから、当然といえば当然なのですが。

J-E-N-O-V-A。
FFは7、8と全然合わず、もうサッパリ、って感じなのですが、この曲は好きです。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050731-00000419-yom-spo

ちょっ、まっ、エェェェェェェェェェエ…………


白取春彦監修『「哲学」は図で考えると面白い』
スポンサーサイト
TOP
花火→帰宅→浸水
花火行ってきました。
帰ってきてました。
床上浸水してました。

_| ̄|○




サイトの方が5万HITなので、日曜付の昼にでもアレンジmp3更新します。


ルシアン・フェーヴル『歴史のための闘い』
TOP
勘違いが多いと思いますよ
久し振りに石焼きマッハ氏と会って、色々相談を兼ねて話してきました。
世の中、巧拙を勘違いしているヒトが多くて嫌ですね、という話が出ました。
有名なところで、『リアル鬼ごっこ』の著者は文章力が無い、だとか。
グダグダblogで語るのって億劫で嫌いなんですが、今日は珍しくちょっとだけ。
Napalm Deathの『The Code is Red...Long Live The Code』とDEFLESHEDの『Reclaim the Beat』をようやく買って、テンション高くなっているせいでしょう。

自分の中にある許容領域を超えた文章に出会ったとき、大概にしてヒトはそれを下手だと認知しますね。
まずもって、上手い、というヒトはいないでしょう。
何かの権威に裏付けられてでもいない限り。
美術や音楽でもそうなんじゃないかと思います。
上手と感じるのは、許容領域内におさまっている限りでの話で。
その許容領域というのは、好き嫌いというところからもまたはずれたもの。
「好きだけどこれは下手だと思う」とか、「嫌いだけれど上手いと思う」、っていうのは、ままあることでしょうから。

……あぁ、もう面倒臭くなってきました。
論理展開を抜かして結論方向へ行っちゃいます。

「うーん、何でこんなのを書いた(描いた、作った)んだろう?」
と、疑問に思うことが肝要なのではないか、と。
教育にも使える考え方です。
生徒が作文を書いた。
それを添削する。
文法が違う、統語がなっていない、だから稚拙、と判断するのは早計極まりなし。
“間違っている”と判断したのなら、どうしてそのように書いたのかと問うことが大切になってきましょう。
頭ごなしに、「はい、これ間違ってるから」では、成長なんざしません。

『リアル鬼ごっこ』の文章は、一見したところ、文法も統語も滅茶苦茶です。
が、それを下手と結びつけるのは、上述の通り、誤りです。
読むのが大変、なら読まなければいいだけのことで、下手だと断ずる必要性は無い。
今更、野獣派とか印象派の絵画を子どもでも描けるヘタクソな絵、だなどと云う人もいないでしょう。

……面倒臭くなった、とか云って、結構書いてますね。

結局のところ、巧拙なんて幻想だろう、と思ってしまいます。
技術の高低を云う場合、つまり完成度を云う場合、理想であるイデアが思い浮かばれるんでしょうか。
でも、三角形のイデアなんかは或る程度共通するものでしょうが、美味しいトマトのイデアとか、ましてや上手い文章のイデア、優れた芸術音楽のイデアなんて、本当に個々別々各々無数にあるイデア界の中にしか無いんじゃないかな、と思いますが。

怠い怠い云いながら、まだ少し続けましょう。
模倣してる、あるいは似ていると下手?
ショパンの『幻想即興曲』はベートーヴェンの『月光』を模倣しているから下手、とか、ダメ、とか。
個人的には、昇華のさせ具合にかかってると思いますが、これは難しい問題ですか。
商業音楽でパクッて大人気万歳~、というのは流行ってるようですが、とやかく云えないですからね、好きになってしまったものは好きになってしまったでしょうがないでしょう。
大問題だと囃し立て非難するのは、模倣された側の(狂?)信者ということになるんでしょうか。

こんな話を、少ししてきました。
はい、例の如くまとまってません。
まとまってる文章書くの嫌いですから、いいです。
まとまってる文章は論文でこりごりです。


……まぁ、『リアル鬼ごっこ』って、私、読んだことないんですが。
ちょっと先日、話した人が、ヘタクソだった、というようなことを言ってたのを思い出したので。
小説が分かり易くて良いことって何かありますか?
論文は分かり易い方が、私は良いと思いますけれど。
まぁ、分かり易さは、読み手側の能力、綜合力にもよってきますので、(略
TOP
IRA武装闘争放棄
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050728-00000253-jij-int

やっと、ですね。
良かったー。
これでちゃんと落ち着いてくれればいいのですが。


反して日本。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050727-00000156-jij-pol

民主党に期待しよう。
そんなふうに考えていた時期が、私にもありました……。


酒井潔『自我の哲学史』
TOP
消えた林檎
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050727-00000001-wir-sci

ごめんなさい、熱烈な林檎信者の方には悪いですが、爆笑してしまいました。
いや、これはダメでしょう、いくら何でも。
壮大過ぎますよ。

えー、ゲームバトンは、どうしましょう。
また明日、と、後送りにしてしまうのは駄目人間の悪癖ですね。


猪狩廣志『フランス語早わかり』
TOP
カバラ数秘術結果
カバラ数秘術

昨日フィニ展関係でトラックバックさせていただいた方のところで、見逃せない単語が目に飛び込んできてしまいました。
カバラというと、もう、ヘルメスで、新プラトンで、グノーシスじゃないですか(飛躍し過ぎ)

というわけで、占いなんぞ全然信じないのに何となくやってみました。

……なんか結構笑えるような笑えないような。
かなり当たってるようで……。
うむむむー……。

個人的には、平和に何の波風もなくぼんやりまったりのんびり過ごしたいと思っているんですが~。
攻撃したい、って何でしょう(笑)


カバラ誕生数(自分の本当の性格と現世での使命を解読する)
◆あなたの誕生数
1 (天地創造を司る栄光の王)
◆長所
意志力、情熱、外向的、自尊心、独立心、正義感、公明正大、寛大、包容力
◆短所
誇大妄想、高慢、狂信、短気、頑固、お人好し、無鉄砲、浪費、派手好み、虚栄
◆備考
野心家で独立心に富んでいる。


カバラ姓名数(他人に与える印象を知り隠れた才能を発掘する)
◆あなたの姓名数
1
◆あなたの印象
男性的でたくましい。リーダーの才能がある。哲学、物理学などに向く。


あなたの2つの願望
◆外面的願望(子音数 8)
物質的に豊かになりたい、支配したい、攻撃したい
◆内面的願望(母音数 11)
理想を実現したい、能力を限りなく発揮したい


簡易性格判断
◆名前の最初の子音
N(行動が大胆。落ち着きがない)
◆名前の最初の母音
O(おおらかで思いやりがある。自己の信念に堅い)


性格や能力の傾向
◆右脳型(直観的)か左脳型(論理的)か
6 : 9 -- やや左脳型
◆行動型か思索型か
9 : 6 -- やや行動型
◆熱中型か分散型か
6 : 9 -- やや分散型
TOP
ゲームバトン
すももさんよりゲームバトン

何やら先日のミュージックバトン以外にも、ゲームバトンなるものが出回っているようで、私のところにもまわってきました。
すももさん、ありがとうございます。

さて、ゲーム製作しておきながらゲームプレイヤーからは甚だ遠ざかっている私が回答しますよ、と。


コンピュータに入ってるゲームファイルの容量or今家にある家庭用ゲームの数

 およそ。
 『黒猫』の初期Verをインストールしている、60MB。
 加えて、『黒猫』の現Verの30MBに、『マッチ』体験版の60MB、計150MBくらいでしょうか。
 ……全部自製作。

 そんな、ふぁみりぃこんぴぃたぁやら超以下略のカセット数まで入れると、数え切れませんぞ。
 50~60本くらいじゃないでしょうか、多分。
 それほど多くはないと思うのですが。


今進行中のテレビゲーム

 無し。
 最後にやったゲームって、何でしょう、友人に借りてプレイしたfateでしょうか。
 あぁ、一応これでもやってるんですよ、fate。
 良いですよね、バーサーカーとコジアサシン。


最近買ったテレビゲーム

 グランツーリスモ4ですね。
 元旦に買った。
 元旦にきっちり記録してあります。
 あれは結構プレイしましたね。


よくプレイする、または特別な思い入れのある5つのテレビゲーム

 うーん、5つくらいじゃ全くもって足りないですが。
 よくプレイする、というより、特別な思い入れ、という方向性でいきましょうか。
 単純にプレイ回数なら、超マリオ兄弟やらマリオカートやらのマリオシリーズがダントツ一位になってしまいそうですので、それを抜かして。

(1)『EVE burst error』(SS)
 一番最初にこれが挙がってきますね、私をエロゲ方向へと引きずり込んだ第一原因として。
 『DESIRE』『YU-NO』も捨てがたいというか、『YU-NO』は未だに私が史上最高傑作だと信じて疑わない代物なのですが、個々キャラに対する思い入れなどを考えると、『burst』には後一歩及ばず。
 『DESIRE』のティーナ、マルチナも、全ゲームの中で屈指に好きなキャラなのですが、作品全体としてみると、これまた思い入れの点で一歩及ばず。
 剣乃氏作品を三つもランクインさせるわけにもいかず、ということで、代表として、『burst』。
 PC98版でもいいんですが、やっぱり、超豪華声優陣を考慮して、SS版で。
 いやー、本当、ダンディ声優陣最高。

(2)『Final Fantasy3』(FC)
 一番思い入れのあるRPGは、というと、やっぱりこれになりますね。
 一番最初に夢中になったRPGですので。
 浮遊大陸から飛びだしたときのあの衝撃といったら何ともはや。
 戦闘音楽のカッコ良さというものに気付かせてくれたという点においても、ダントツでこの作品。
 フィールド音楽である悠久の風は、至高の名曲でしょう。
 ラストダンジョンが極悪なのはご愛敬。
 牙持たずに歩いて突っ込んで、フィールド上で死ぬのもご愛敬。
 宝箱あけたら、変な魔王の黄色いクローンが出てきて、油断していたがために全滅、エウレカからやり直し~、とかもご愛敬。
 闇四天王殺さずに突っ込んで、暗闇の雲タンに殺されるのもご愛敬。

(3)『第四次スーパーロボット大戦』(SFC)
 SDガンダムばかりが好きだった自分が、リアルガンダムを見始めるきっかけになったのが、これを中古で買って熱中してしまってからです。
 ある意味ヲタ方面への契機になったのはコレですかね。
 いや、CMのインパクトが強かったんですよ。
 「この星の明日のためのスクランブルだ~」ってやつ。
 これでSRWシリーズにハマッてしまったがために、SRWFが発売されるとともにSSを買い、そのために『burst』を買ったというわけですから、やっぱり、元凶ですね。
 この第四次が、SRWシリーズで一番プレイを繰り返した作品。
 ラスボスのゼゼーナンは弱かったですね。
 真ゲッター2で地中に潜って、加速二回行動で接近。
 2ターン目に、覚醒熱血必中ひらめき最大改造ストナーサンシャイン連発で撃破。
 SRWって、こういう味方ロボ激強ッていうような、爽快感が大事なんじゃないかと思います。

(4)『真女神転生デビルサマナー』(SS)
 一番プレイした女神転生シリーズですね。
 キャラが一番好きなものでもあります。
 何か、今度続編が出るとのことで、ちょっと嬉しかったりします。
 何よりも戦闘BGM、ボス戦BGMが最高にカッコイイです。
 普段のBGMも良いですね。
 しかしまぁ、何なんでしょうかね、このダンジョンの難易度は、ファミコン時代を彷彿とさせるものですね。
 市庁舎~無間地獄なんて鬼ですね。
 でも何回も再プレイしましたね。
 流石に今やもうプレイできないでしょうね。
 『ソウルハッカーズ』も大好きです。

(5)『クロノトリガー』(SFC)
 これも何度プレイしたことやら。
 いや、非常に秀逸なんですよ、メジャー過ぎて逆にそういった印象薄れている気がしますが。
 音楽がやっぱり優れているというのもありますが、演出がニク過ぎます。
 未来過去現在、人々のドラマ、シナリオはいつもデジャヴュ、といったような感じで。
 ルッカの母上殿が助かったりだとか、緑を増やしたりだとか、そういう時間ネタも良いんですが、何よりも魔王ネタ。
 魔王を仲間にせず殺しちゃう選択をする場合、サラのお守りをアイテムとして落とすんですよね。
 どんな文章を長々書こうとも、この演出一つあればイチコロですよ。
 滅茶苦茶切なくなれます。
 強くてニューゲームだとか、どのタイミングでラスボスを殺すかによって変わるエンディングだとかも、斬新でした。
 今でも斬新ですかね。


次点は、『DQ1~5』『FF4~6』『FFT』『ドラゴンボール3悟空伝』『ドラゴンボールZ強襲サイヤ人』『騎士ガンダム物語3』『サラダの国のトマト姫』『ストリートファイター2』『タクティクスオウガ』『LIVE A LIVE』『探偵神宮司三郎夢の終わりに』『ラングリッサー1~5』『FE聖戦の系譜』『東京魔人学園剣風帖』『久遠の絆』『晦』『学校であった怖い話』『かまいたちの夜』『学園ソドム』『闘神都市2』『ランス1~鬼畜王』『歪み』『脳力者』『MOON』『AIR』『銀色』『ファントム』『ヴェドゴニア』『沙耶の唄』『fate/stay night』

……はぁ、挙げきれんですね。
見落としもあることかと。

回す人。
えー、どうしましょう、明日考えます。


ジャン・キュイズニエ『ヨーロッパの民族学』
TOP
レオノール・フィニ展、最高
http://www.leonor-fini.com/
http://www.bunkamura.co.jp/museum/event/fini/
fini.jpg


レオノール・フィニ展、行ってきました。
最高でした。
陰陽座の瞬火兄者じゃないですが、最高としか言えないです。
もう本当最高。

それまでは、別段、「フィニ? ダリと仲良かったんだっけ、シュールレアリスムの絵描く人だよね、うんまぁ好きだよ」くらいだったのですが。
私的ランキングでマウリッツ・エッシャーと並んで一位に躍り出てしまいました。
完全に私の好みに合致。

美術展に行ってここまで感動したのは初めてです。
魂が打ち震えるとはまさにこのこと。
人間、本当に戦慄すると笑うしかなくなるというのが持論ですが、本当にそう。
何回も笑ってしまいました。
別に面白くも何ともないのに。
周りからしたら異様だったかもしれません。

中でも一番やられた、と思ったのが、“Qui est-ce?”という画。
私が必死こいて文章で紡ごうとしたことを、別の媒体でまざまざと見せ付けられて、何かもう感動通り越して打ちのめされて凹みました。
決定的な敗北感なんて味わったのは、初めてかもしれません。
まぁ、他にあったのは都合良く忘れてるだけなのかもしれませんが。
これは忘れられない一撃になりました。

っていうかフィニ、異能者か何かですか、って感じですよ。
65歳時の写真とかありましたが、感想は、「え、波紋の呼吸法でもマスターしてらっしゃるんでゲスか?」と。
30代、ないしお美しい40代にしか見えないです。
これだけの美貌と抜群のスタイルに、素晴らしい画力と発想・想像力を兼ね備えているばかりか、さらには演劇舞台の演出やら衣裳作成やらに加えて小説までものしているとは。
同時代人なら惚れてしまってもおかしくないくらいです。
いや、もう、ここまでべた褒めしている時点で、惚れ込んでしまっているんでしょうか。
作品というか、創作活動全般に対する姿勢が非常に同調できて、誰よりも自分と違うということを明確に意識させられる反面、限りなく己の鏡像のようにも見えてしまい、自己撞着。

グダグダ書き連ねようと思ったら、キリが無いほど書いてしまうので、このあたりで。
うーん、全員が全員こんな衝撃に襲われるなんてことはまず確実に無いでしょうが、というか、そんなことは有り得ないでしょうが、やっぱり時間が許すのなら足を運んでみることを強くオススメします。
特に、ジャンル問わず、何らかの製作・創作活動に携わっている方なんかは。

というわけで、今日は、これから思索に耽ってそのまま寝ようと思います。
何かもう他のことに手つきません。
諸々の返信などは、明日にでも。


福井憲彦『「新しい歴史学」とは何か』
TOP
過去陽性者も献血可能に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050723-00000102-jij-soci

状況変わらず血が足りていない様子なので、効果薄ながらも宣伝。
いや、宣伝、っていうんでしょうか。

まぁ、ちょっと大丈夫かな、という気もしますが、以前に引っ掛かった人も、今大丈夫なら可能になりますよ、と。

何か商品券とかジュースとかアイスとかくれたりするそうなので、血が余っている人は、是非。
TOP
最近気になる人
時間ができるとテンションが下がるのは何故でしょう。
ちゃんと作業は進めてますし、作業中はとても楽しいんですが。


しまったー、と思ったこと。
友人との会話にて。

「ピュシス、最近気になる人とかいないの?」
「あー、そうだなー……、ヤスパースとか気になってるかな」
「……いや、そうじゃなくて、恋愛話で」
「ッ!!」

幾ら何でもヤスパースはないでしょうよ。


萩原裕雄『今、読み解く 佐藤一斎の 重職心得箇条』
TOP
今だから言える、ごめんなさい
http://blog.fc2.com/trackbacks/

何やら、このblogスペースを拝借しているfc2で、少し前からこんな企画が。
というわけで、これから参加してみようかと。

「今だから言える、ごめんなさい」

笑い話がいいかと思って追想していたら、何か心の痛くなる想い出ばかりが。
後悔じゃあないんですが。
と、まぁ、どうでもいいこととして。

そうですね……。
エレベーター鬼ごっこだとか、悪戯ばっかりして、その上ハーゲンダッツやリーベンデールとかいう渾名をつけたりして、ごめんなさい、某マンションの管理人方々。

……いや、楽しいですよね、マンションでの鬼ごっこって。


小林一夫『一目でわかるコードの知識』
TOP
コピー疲れ
一時間以上延々と書庫の中で論文コピーに勤しんでいました。
これで準備は万端。
しかし疲れ果てました。
単純労働は気疲れが激しいですね。
某Yパンのバイトが軽く死ねるという話もよく分かります。

昨日今日と、少ししか推敲できませんでしたが、明日ガーッとやりたいと思います。
っていうか、やります。

週末には、変なモノ更新します。
えー、まぁ、何となく、ノリで。


長谷川宏『ヘーゲルの歴史意識』
TOP
季節はずれのインフルエンザ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050720-00000018-ryu-oki

あれ、もう、7月下旬……。
インフルエンザウィルスって、こんな高温多湿でも大丈夫なんですね。
……もしかして新種とか?
厭ですよ、これから毎年、夏冬にインフルエンザに気を付けねばならなくなるだなんて。


予告通り、推敲作業と補完執筆作業を始めました。
いやぁ、楽しい。
同人なんだから楽しめなくて何とする、と。
基本的なところですね。

最近すっかり朝型化して、既にもう眠いです。
ブログ書き込むの朝に変えるかもしれません。
今日のマッチ更新は、朝方になってます。


ジャック・デリダ『生きることを学ぶ、終に』
TOP
公厭
公園嫌いです。
家の隣が公園なんです。

深夜に公園で花火や爆竹に興じる輩。
早朝4時からサッカーやって騒ぐ輩。
こういった輩相手には、放送禁止用語に引っ掛かるコトをしてもよいという特別法をください。

何か爆弾のスイッチとかあったら、ためらいなく押してしまうような、そんな気分になれますね。

警察使えないし。

頼むからゆっくり休ませて下さい。
……と、まあ、無意味な愚痴を垂れ流し。
でも、「あぁ、分かる分かる」っていう人も少なからずいることかと思います。


西村貞二『ヴェーバー、トレルチ、マイネッケ』
TOP
暫しの休息を
変換してすぐエンターキー押したら、「暫しの急速を」になりました。
意味は通りにくいですが、敢えて解するなら、「とうぶんの間は何でもかんでもさっさとやれよ」って感じですか?
もう無理ですよ。

というわけで、二日も間を空けてしまいました。
何と。
実はfc2blog開始以来初めて?

山場は乗り切りましたが、肉体的な犠牲を随分とまぁ強いてしまいました。
明後日、水曜からマッチの推敲作業再開しようと思います。
ちょこちょこと少しはやっていたんですが。
まぁ、少し休みます。
今日のマッチもお休みです。


正直ほとんど頭まわってません。
……いや、かなり慢性的にまわってないんですが、それに輪を掛けて。


佐々木毅『近代政治思想の誕生』
バーリン『ハリネズミと狐』
TOP
SLIPKNOTライヴ盤発売決定
http://www.cdjournal.com/main/news/news.php?nno=9321

思わずガッツポーズ。
……っていう表現も今や古いんでしょうか。
GJ!!
……の方が今風?

さて、今年はCD代がバカになりませんよ。
TOP
翻訳したくなってきました
例の如く、胃も重ければ頭も重いです。
さっさと寝た方が良いようです。
寝られれば。

何かここしばらくドイツ語に触れていなかったら、無性に翻訳したくなってきました。
翻訳禁断症状って相当ヤヴァイですね、私。

落ち着いたら、ヘルダーの訳にでも挑戦してみようかと思ってます。
勿論、マッチのシナリオと並行して。

ところでそのマッチの作業はどれくらい進んでいるのかと。
大体1MB分はシナリオ推敲終わりました。
後は、残り500KB分も推敲して、まだ書いていない分を書き、選択肢追加し、最後にまた整合性見直し、と、こんな感じです。
……まだまだありますね。


樺山紘一『宮廷びとの生活術』
TOP
頑張れリンゴ・スター
おはようございます、と、珍しくこんな時間に。


music.yahoo.co.jp/rock/music_news/barks/20050713/lauent004.html

何かドリフターズの仲本工事のごとき存在感な彼。

「あれ、後一人、誰だっけ?」

って言われるような。

実はビートルズの中じゃ一番好きだったりします。
TOP
さすが日本の道交法!
狂ってますね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050712-00000504-yom-soci

最初の飲酒運転手はまだしも。
万歩譲ってひき逃げはイカンとしても。
二人目の方を逮捕しかも実名報道とは。
一生モンの傷に更に塩を塗り込むとは。

車運転してると本当にキティだらけでイライラしっぱなしになるので、凄まじく同情してしまいます。
今日も普通に青信号で大通りを走ってたら、横道からタクシーが高速で目の前を横断していきました。
勿論、横道にも赤信号あり。
推定速度50キロ。
軽く死ぬかと思いました。
後ろの車も頭が悪く、かなりくっついてきていたので、急ブレーキ踏んでたら後ろから追突されてたでしょうし。

何か人生って常に綱渡りですよね。
普段は意識してなかったり気付いていなかったりするだけのことで。


高澤紀恵『主権国家体制の成立』
TOP
これまた今頃か
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050711-00000010-mai-int

専門家じゃなくても、これくらいすぐに推測つけられますでしょうに。
どんなミステリー小説より簡単です。
一応専門家の意見きかないで報道するのは無責任だってことなんでしょうか。
まぁ、実態もこんなもんでしょう、やっぱり……。


うーん、何だかんだで後一週間くらい拘束される感じです。
下旬になれば~……。


江村洋『ハプスブルク家』
TOP
今頃やっとかあ
       ∩     
  ( ゚∀゚)彡   スク水、スク水
  (  ⊂彡

但し年齢制限有り。
最低20歳以上。
まぁ、シルヴィーなら、とか、思わないでもなかったり。

さて。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050710-00000028-jij-ent

むしろ今までよくもったものだな、と。
これがずっと続くと思っていられるという方が不思議でたまりませんが。
アメリカにいるとそう錯覚してしまうものだよ、とか語られると、納得してしまいそうになります。


中矢慎子/Anna Esposito『使えるイキイキイタリア語』
TOP
時効かー…
頭痛い。
物理的に。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050709-00000066-mai-soci

これももう14年前ですか……。
そりゃ実行犯見付けるのは不可能だと思いますが、時効って、ねぇ……。


今井宏『絶対主義の時代』
TOP
ARCH ENEMY新譜試聴
嫌な気分になったらデス聴いてそんな心境叩き潰しましょう。
ってことで、そろそろ新譜発売のARCH ENEMY『Doomsday Machine』試聴。
太っ腹に、フル試聴可能。
12曲目以外。

http://www.bestbuy.com/site/olspage.jsp?type=product&id=1451791

……うーん。
何かやっぱり煮え切らない感じが。

3、6、10は良かったですね。
3は泣きが入ってて、6はスラッシーで、10は集大成的な感じ。

ただそれ以外はどうかというと……。
8曲目のインストもなかなか良かったですが。
アルバム通して聴くのは微妙ですね。

というのも、やはりアンジェラの声が相変わらずの一本調子だというのが……。
怒り全開、というかオンリー。
これだと、疾走曲では良く聞こえますが、ミドルテンポになるとツライです。
例えば11曲目。
これなんか、ビョーンに唄わせたらめっちゃくちゃ格好良くなると思うんですよ。
元KsEのジェシーとかでも可。
もう加入してから三枚目のアルバムになるのだから、もっと、色々な声を出すことにチャレンジして欲しかったかなぁ、と。

まぁ、完全主観ですから。


ナンナーニ・アルダ/藤谷道夫『イタリア語の最初歩』
TOP
あそこの連中は皆こうだとは思いたくないですが
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050707-00000024-scn-int

何このツッコミどころ満載の記事。
TOP
またテロか!!
http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/4659093.stm

今日はBBCから引っ張っておきます。

あーもう、本当、いい加減にして欲しいですね。
このタイミングで。
バカですか。

テロは絶対いけないが、テロをやらざるをえなくなるよう追いつめられている状況な人もいる……、と云う人もいます。
いやちょっと待った、と云いたい。
本当に追いつめられている人はテロすらできません。
テロやる資金があったら食いモン買って飢えを凌ぎます。
テロやる大体の連中が裕福に恵まれて生半可に偏った知識を持った輩ども。
そんな軍資金あるなら、護るべき人達に施しでもしてあげたらどうでしょうかね。
つまり裏返せば、テロより大切な存在が無いってことでしょう。
恋に恋するかのごとき自己満足。
何と歪んだ自己陶酔。

難しいところなのは、ライスランドやらエゲレスやらに大切なモノを奪われて、その復讐に走り……というような、ハリウッドが好きそうな設定ですが、そんな設定のテロがどれだけあることやら。
もちろん、上述の二者は何だかんだで火種撒きまくりでアレなんですけれどね。
それでもテロで一般庶民が惨殺される謂われはありませんよ。

結局は、価値観の違いってのが一番怖ろしいわけですね。
利害の一致が不可能になる。
何とも機械的ですが、それが和平の前提条件なんですからね。


永田諒一『宗教改革の真実』
TOP
海水アルカリ度低下
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050706-00000040-kyodo-soci

ううむ、これは……。
ある意味温暖化よりも厳しいですね。
適応して新種が出てくるのなんてかなりの時間を要しますし、もし海の生態系が崩れまくったら、全世界の水産全滅で……。


小泉徹『宗教改革とその時代』
樺山紘一編『ヨーロッパの歴史』
TOP
まず地雷を何とかしないと
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050705-00000506-yom-soci

安心して観光に行けないどころか修繕さえままならないという……。
地雷埋めるだけ埋めて放置する連中多すぎ。


7/7も近いということで、旧暦ではもう少し先ですが、七夕のmidiでもメロスピアレンジなんかしてみようかなと思いきや。
某利権団体の魔の手がこんなところにも。
童謡なのに……。
利権利権と、子供の情操教育に悪いと思います。
謝罪と賠償を要求(略


ジョン・ポーキングホーン『科学者は神を信じられるか』
TOP
緒が切れたらどうなるんでせう
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050704-00000077-reu-int

さっさと日米揃って打ち切り宣言出せばいいと思うんですけどね。
当座は脅し目的で。
再開したって無駄でしょう、アレら相手では。


さて。
スク水は年齢不相応の女性が着てこその浪漫だと思うのですが、如何なものでしょう。
別に子供が着ていても何の特殊性も感じられずつまらないではないか、と。


宇野邦一『反歴史論』
TOP
都議選
投票に行ってきました。
少しくらいの口出す権利は欲しいので。
本当に、一体何に入れればいいんだろかと首を捻らされました。
結局、ジャスコ党は最近の中国絡みで痛々しすぎるということで、消去法で決めましたが。
で。

http://www.tokyo-np.co.jp/05togi/
http://www3.nhk.or.jp/togisen/senk/jyo.html

公明党全員当選って何ですか。
そんなに侵蝕されているんですか。

まぁ、蓋を開けてみれば、こんなモンですかねー……。


E.H.カー『歴史とは何か』
TOP
何この質量
fc2鯖がバカなせいで、書いて送信したら消えました。
ガッデム。
もう面倒なので簡略化。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050701-00000002-san-soci


ヤバイ。宇宙ヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。
宇宙ヤバイ。
(中略
とにかく貴様ら、宇宙のヤバさをもっと知るべきだと思います。
そんなヤバイ宇宙に出て行ったハッブルとか超偉い。
もっとがんばれ。超がんばれ。

……を思い出しました。

さて、どんな結論が出ることやら。
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。