FC2ブログ
ピュシス徒然草
サークルBiasCrashersのピュシスが徒然なるままに書き繕う種々雑多な謎の手記。 サークル活動情報、他愛ない話題、音楽、読書記録等々。
プロフィール

ピュシス

  • Author:ピュシス
  • 謎の中途半端に万能型生命体。
    詳しくはピュシスの小部屋にて。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アキバ体験談
6年ぶり、二度目の秋葉原体験でございます。

友人と、上野でペルシア文明展を見て、六千年の歴史に触れ。
東京駅に行って、デュフィ展を見て、デザインいいわー、と創造力をインスパイヤ(笑)され。

仕事なんかでよく寄ったりしているその友人が、秋葉原を案内してくれるというので、いざアキバへ。
こんな機会でも無ければ行くこと無い街、電車代だけで漱石が飛びますわ。


以下、体験談というか体感談というかは、見たい人だけ続きへどうぞ。
痛いかもしれません?
普通……か?
普通じゃなかろう。


クリストファー・ブルック『中世社会の構造』
……あれ?
何コレ、表通り?
表通りにフツーにエロゲの宣伝ポスターやギャルゲのPVが流れてますよ?

……あれ?
電気街の方が奥に引っ込んでる?

えええぇぇっ、何コレ、同人誌ってこんなに高ぇンですかッ!?
レアモンは60000円ですとッ!?
大方、定価より高い罠!
付加価値……恐ろしい子!


で、ここに来たら、毒を倉倭婆娑羅までということで。
何かスゴイ漢字変換になりましたがスルー。


いざ行かん、かいもちいめさせん、メイド喫茶へ。
……あれ、何だこの、初キッスのようなドキドキ感は?
っつか緊張してきましたよ怖いですよ?
エレベーターで着きました。

さぁ帰るか→一階ボタン→いやいや待て待て。

二人して、何かアレです、眼前の敵に恐怖してましたわ。

で、覚悟を決めてAチームのように特攻。

「お帰りなさいませぇ~♪」

ってドン引きな歓迎の仕方を予測していたのですが、存外普通に。

「お帰りなさいマセ、ご主人サマ」

あ、どうも、と頭を下げてしまう我々。

……何でもない、とても雰囲気の良い喫茶店でした。
……これは、当たりと見るべきか、外れと見るべきか。
地元じゃ人気らしく(?)フツーに女子高生がお茶していたりと、痛々しさの欠片も無い。

……恐るるに足らずか!

その階下に、妹喫茶なるものがありましたが、ワタクシ達にはそこまでの肝っ玉はございません。
姉喫茶なら間違いなく行っていましたけれどね!


さて、特にメイド喫茶内では何もなく、エスプレッソだけ飲んでさて帰るか、と、散々店を冷やかし、太陽誘電のDVDR30枚と、何故か古本屋で、105円で売られていた貝原益軒とエドマント・バークが戦利品。

……おかしい、な、私は同人ゲームサークルをやっているはずなのですが……
BCの場合、同人は明治期に於けるソレの概念が相応しいのでしょうか。
まぁさておき。


地元に帰ってきてから、夕食へ。

……落ち着け。


……メイド喫茶、なぁんだ普通じゃん、って思いました、ええ、思いました。

いやでも、こっち戻ってきて頭を冷やすととやっぱアレだ。
オカシイ。


秋葉原にちょっと滞在していると、頭のネジが数本軽く飛んでいきますね。
気を付けましょう。

ファミレスで、数学談義を延々して、解散。

今に至る。


めちゃくちゃ長い一日でした。

何かこんな風に日記チックなのは珍しいですね。
スポンサーサイト
TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://biascrashers.blog1.fc2.com/tb.php/625-e313f685
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP